主婦が在宅で安全に稼ぐ方法

77cc221578a1e0c1478ae0683a28d155_s

子育てしながら在宅ワークで収入構築中のyuiyuiです(*^_^*)
主婦で在宅収入を考えている人にとって心配なことのひとつに

安全に稼ぐことができるのか

ということがあるのではないでしょうか。
私は最初に在宅ワークでで収入を得たのがかれこれ9年前・・・(遠い目)
ここ数年は比較的安定して在宅収入を得ていますが、未だに「安全性」については気を抜くことのないようにしています。

そこで主婦が在宅で安全に収入を得るために気をつけていただきたいことを、私の経験からお伝えしていきます。

1.主婦が在宅収入を目指すときに気をつけるべき「安全性」とは?

ひとことに安全性といっても、色々な見方や考え方があると思います。
ここでは私が考える、主婦の在宅収入時において気をつけるべき安全性について考えていきましょう。
まず以下の3つが私が考える、「安全性」です。

  1. 法律順守の安全性
  2. プライバシー面の安全性
  3. 支払いの安全性

ひとつずつ簡単に解説していきましょう。

1-1)法律順守の安全性

これはズバリ『法を犯さないこと』です。
いくら収入を得られるからといって、法を犯すようなことは絶対にやってはいけません。
「楽に」とか「たった●●分で○○円」といった甘い言葉には裏がある可能性が高いことを充分に肝に銘じておく必要があります。

こういったたぐいのものでないくても、例えば私もやっているWebライターという仕事。
わざとでなくても、知らなかったとしても“他人の著作物を流用した”記事、いわゆる“パクリ”をしてしまうとそれは「著作権侵害」になってしまいます。
他にも在宅収入が一定額以上になったのに、夫の扶養に入っている主婦だからと、確定申告しなければそれも法律違反となるのです。

あまり神経質になる必要はありませんが、在宅で仕事を始める時にはそうしたことにも気をつけましょう。
よほど金額の大きな仕事でない場合、仕事を覚えながらそういった法律関係も徐々に勉強していけば大丈夫です。

1-2)プライバシー面の安全性

主婦が在宅で仕事を始めるにあたって気をつけたいのがここです。
在宅で収入を得るとなると、今はインターネットを使って仕事や収入の構築法を見つけることが多いでしょう。
その際、ぜひプライバシーを守ることを忘れないでいただきたいのです。

仕事の募集や自身のブランディングのためにブログを書いたりする人もいると思うのですが、あまり無神経に個人情報は書き込みすぎないように、そして応募する際も怪しい業者や個人にはじめから個人情報を渡しすぎないようにということです。
つい仕事が欲しいあまりに、言われるがままにこちらの情報を渡してしまいがちですが、ネット社会には色々な人がいます。
そして自ら進んでブログなどに書き込む行為も、時に危険にさらされる可能性があるのです。
特に主婦の場合は家族や子どもにも影響が及ぶことがあるので、そのあたりは充分に気をつけましょう。

1-3)支払いの安全性

実際に在宅で収入を得る場合に一番大切なのがここです。
せっかく仕事をしたのに、報酬を得られない!そんな悲しい事態だけは避けたいですよね。
何を隠そう、私自身報酬の踏み倒しにあったことがあるのです。泣
一生懸命仕事をして、その時間と、技術と、思いとがすべて踏みにじられました。

インターネット上のみでのやり取りとなるので、こうしたことは現実世界よりも起こりやすいです。
今から在宅での収入を目指す主婦のみなさんには、ぜひともこうしたリスクなく安全に稼いでいただきたいと思っています。

2.主婦が在宅で安全に稼ぐには?

1.で説明したリスクをなるべく排除するために私が行っていることをご紹介します。

  1. 法人と取引する
  2. 契約書を交わす
  3. 信頼できる人から紹介してもらう

2-1)法人と取引する

初期のころは何事も経験!という気持ちと、とにかくお金を稼ぎたい一心で何でも仕事を受けようと、Webライターの仕事を見つけては片っ端から応募していました。
だから中には個人からの依頼を受けることも多かったです。
しかし個人はやはりリスクが大きいというのが正直なところ・・・

「法律」「プライバシー」「支払い」。
みんながみんなではありませんが、今考えるとちゃんと管理していたのかなーと思います。
ちなみに踏み倒されたのも個人からの依頼でした。
仕事を始める際にはぜひ法人が募集をかけているものにしましょう。

2-2)契約書を交わす

Webライターなどの業務委託にしても、アフィリエイト塾などに関しても、契約書を交わすと安心です。
契約書が100%ではないのですが、契約書を準備しているということは相手もそれだけ本気という証しだからです。
もちろん契約書があろうとなかろうと、お互い本気で取り組まなければなりませんが、ここは仕事。
契約書を取り交わすようにしましょう。
法人相手の場合は、ほぼ間違いなく契約書やそのたぐいのものが交わされますよ。

2-3)信頼できる人から紹介してもらう

さらに“信頼できる人から紹介してもらう”というのは、安全性を高めるという意味では非常に有効です。

しかしそんな人脈ないし、どうすれば??

こういう時に使ってほしいのが、SNSやメルマガです。
SNSやメルマガというのは、単にノウハウやスキルを紹介するだけのものではありません。
同じような内容でも、読んでいるとそこに“人間性”が出てきます。

特にSNSでは他の人とのコメントなどでのやり取りが見えますので、どういった人物かがわかりやすいです。
直接の知り合いでなくても、そうしたところから信頼を感じることができるのではないでしょうか?
そして、この人“信頼できる”と思ったら、その人が発行しているメルマガを読んでみたりするのもいいでしょう。

まとめ

ちょっとマジメな話になってしまいましたが、主婦が在宅で安全に稼ぐために忘れてほしくないことをご紹介しました。
せっかく頑張ったのに、それを無駄にするようなことはしてほしくないからです。

もし自分では信頼できる人やメルマガを見つけられない、という人はよろしければ私に連絡ください。
ご希望の仕事内容や、目指す生き方などを聞いた上で、合いそうな方や仕事の仕方をご紹介します。
私のFacebookはこちらから

またいきなり連絡するのは恥ずかしい、気が引ける・・・
って方は、私が信頼を置いている法人さんが刊行している無料メルマガを読んでみるのをおすすめします。
在宅での収入に役立つ、ノウハウや考え方が身につくほか、無料でツールをもらえますよ。
ぜひ登録してみてくださいね!

The following two tabs change content below.
yuiyui

yuiyui

おうちで子育て中のwebライター。好きなことはスポーツ。 だけど最近、いらぬところにお肉がついてきてあせり。 動かないと脂肪がついてきたアラサーライター。 強くしなやかに生きる女性のライフスタイルを目指し中。

関連記事

コメント

  1. 青木さん、こんばんは。

    ランキングより訪問しました
    BMTSで活動中のアンドと申します。

    一つひとつの記事がすごい情報量のサイトですね。

    私も青木さんのようにしっかりとした記事を
    作成しなければと、改めて肝に命じているところです。

    そして、ここの記事も
    妻に見せてあげたいと思いました。

    また訪問させていただきます。
    応援しておきますね!

    • yuiyui
      • yuiyui
      • 2015年 7月 15日

      アンドさん、

      ご訪問ありがとうございます!

      しっかりとした記事というか、伝えたい思いが多すぎてつい文章量が増えちゃうんですよね(^_^;)
      逆にきれいにまとめて書かれている方を尊敬します!

      もし奥様のお役に立つようでしたら幸いです。
      私の方も訪問させていただきます。

      今後ともよろしくお願いします^^

  2. yuiyuiさん

    遅くなりました!
    遊びにきました♪

    ライターというお仕事は
    本当に踏み倒しがあるみたいですね(>_<)

    法人との契約では
    そういうのが少ないと思いますし、
    yuiyuiさんがご紹介される方なら間違いないと思います^^

    また遊びに来ますね♪
    応援していきま~す!

    • yuiyui
      • yuiyui
      • 2015年 9月 14日

      のぶさん


      訪問ありがとうございます!
      私こそ、遅くなってすみませんm(__)m

      踏み倒し、ありますよ~。
      おかげさまで今は、そのような方との取引はないですが・・・
      自分にスキルがなく、安請け合いするしかなかった頃はそういったこともありました(^_^;)

      >法人との契約では
      そういうのが少ないと思いますし、
      yuiyuiさんがご紹介される方なら間違いないと思います^^

      そういっていただけると、うれしいです!
      自分と同じ嫌な思いをしてほしくないですからね!

      ありがとうございます!
      私もまた訪問させて頂きます!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る