ニューロ言語プログラミングで成功ビリーフを手にいれて、
成功の地図を描こう!

宝地図_S

絶対成功します!頑張ります!と誓ったはずなのに

なぜかいつも上手くいかない。

同じ時期にはじめたBさんは、あんなにいい感じに成功しているというのに

一体何が違うんだろう?

無意識の中で感じている一種の思い込みというか心のフィルター
によって、結果の違いが生まれています。

つまり潜在意識レベルで、でもね・・とかやっぱり・・ダメよね
という思うが根を張っているんですね。

こういった思い込みのことを(ビリーフ)と言います。

信じていることや、価値観・信念そいったものもビリーフですね。

心の底で私には、無理よ。と思い込んでいるのでしたら
それで、成功するのは、難しそうな気がします。
でも反対に潜在意識、深層心理レベルで、
肯定的なビリーフで満たされていたら望む結果が訪れてくれそうです。

肯定的なビリーフといか成功ビリーフと呼んでも良いですね。
日ごろから自分に「無理よ。。。」「でもね。。。」という
否定的な言葉を使わないようにして、

自分が成功することを、自分自身に肯定的な言葉を浴びせてあげましょう。
自分に元気が出るような言葉や文章。

やる気がでて、今日、成功に向けて一つの行動をとらせるような言葉がいいですね。

成功に役立つ言葉、文章、宣言文、アファメーション、催眠スプリクト、名言、格言、金言、メタファー、演説原稿、口癖、読み物、オーディオコンテンツ

などなど、たくさんのものに触れて、自分にエネルギーが沸くような言葉に出会って、

そのまま使ってもいいですし、自分で作り上げてもいいですね。

心の奥底に根を張るネガティブを引きはがす。肯定的な言葉のシャワーで

ネガティブビリーフを成功ビリーフに変換してしまいましょう。
紙に書たりイラストにして壁に貼ったり、持ち歩いたり、画像を取り、
目に入るところに掲載したり、

毎日、1回でも多く、成功に役立つ言葉に触れましょう!
それらは、あなたにとって、まるで、成功の呪文のよう

自分の頭と心で行われる内的対話にも影響を与えます。
★ニューロ言語プログラミングでは、これらを

Aidと言ったりします。

音をA(オーディオ)と表現するのに対して、

言葉や数字などの文字情報をAd(Auditory digital)と表現し、

外部的(External)、内部的(Internal)とさらに区分されます。

内的対話は、内部的(Internal)なAd(Auditory digital)ということです。

つまりAidですね。

ニューロ言語プログラミングを学び始めて、内的な対話ということに
意識を向けるようになれば、

介入する力を得はじめることができます。
現状の内的対話に気が付き、望ましい内的対話を設定することもできます。

自分自身の現在の気持ち内的に対話に耳を傾け(ペーシング)、ラポールを構築。

そして、徐々にリーディングに至り、

肯定的な気持ちがグイグイ自分を引っ張ってくれる感じですね。
変化への介入をすることも可能ですね。

このことは、成功に役立ちます。
まずは、自分の内的対話に気が付くところから始めましょう!
ニューロ言語プログラミングを学んで

もし、ネガティブビリーフを感じているなら

成功ビリーフに書き換えていきましょう。

×自分の成功の足を引っ張る言葉は使わない。

○自分の成功に役立つ言葉使いにしていく。

たくさんの役立つ言葉、言葉の使い方、文章を知っていれば、役にたちますね
でももし、意識的に変更することが難しいと感じるようであれば、
無意識的に変更していく手もあります。

例えば、肯定的な言葉をまるで、自己暗示するように何度も復唱するのに
成功している人の思考や言葉使いを参考にして、自分の中に満たしてもいいです。
成功哲学や自己啓発に関する文章を音読して、自分に言い聞かせたり、
あるいは、オーディオ学習して、聞いたことを頭の中で反復暗唱してみたりなど

頭と心、無意識にインストールされるまで、成功スプリクト漬けになってもいいでしょう。そして、インストールされるごとに、その文章の暗唱や、その内容について、内的対話する時間も増えてきます。
自己啓発の分野でよく言われていることがあるのですが、
「人間は意識や無意識を合わせると、1日に数万~9万回も思考している」

「人間は1日に2000回~5万回 自分に質問している」

その質問を通じて、内的対話が成されていることが多いです。

相当な回数でインストールしているんですね。
であれば、この質問の質を良くすれば、内的対話の質も良くなりますね。
質問のもつ力をニューロ言語プログラミングで学ぶことでも良い影響を受けます。
パワー・クエスチョン、ミラクル・クエスチョンと呼ばれる質問文章を
たくさん見ていくことが役立ちます。
そして、実際に自分に質問として使ってみる。

⇒自分に力を与えるパワー・クエスチョン

⇒自分の成功に役立つミラクル・クエスチョン

まずは、意識的にポジティな質問や文章を読んでみるところからスタートてみましょ
毎朝起きたときや寝る前など、質問文章を読み、自分に質問して考えてみる体験をたくさんしましょう。
気が付けば、良い質問をきっかけに内的対話をしていることに気が付くでしょう。
自分の成功に役立つような質問を自分ですることが癖づくまで行ってください。

無意識でも肯定しているレベルになるまで、続けてみてください。
心の底から自分の成功を信じている人と、心の底で自分の成功を否定、拒む人。

どちらが成功しそうでしょう。どちらが幸せになれそうでしょう?
無意識的に、自分が成功する為の脳内会議を1年365日。
それを何年もやっていれば当然、成功の確率は上がり続けますね。
1日に数万回の質問、数毎回の思考ということは、

24時間の中でかなりの時間です。

それだけの時間を成功に向けて有効活用する人と、

無駄にする人の結果の違いは明らかでしょう?

何度も長い時間かけて刷り込まれていることが、

あなたの結果に大きな影響を与えるわけです。
じゃぁ成功したい!理想のライフスタイルを手にいれたい!

と本当に思っているのかどうかも、どっちのビリーフが強いか

で決まります。

成功したいなら当然、成功ビリーフを手に入れるまで、

毎日、何度も肯定的な内的対話をするべきですね。
成功ビリーフが成功を呼び込むんです!

人は現実を目の前にして、自分のフィルターを使って、自分なりの地図を描きます。

自分なりの解釈の例えですね。
ということは、人によって、フィルターの違いで、地図の違いができます。

成功地図を持つ人と、持たない人の差は、フィルターの差と言う事もいえますね。
ニューロ言語プログラミングでは、
表象システム(代表システム)、優位感覚、メタプログラム、バリュー、

クライテリア、ビリーフが 地図作りに影響を与えているとしています。
ニューロ言語プログラミングを学んで、

成功地図を描いてくれるフィルターを手に入れませんか?
成功に役立つビリーフを、成功している人から学んで、

その成功者のビリーフを元に、意識して内的対話をします。

会話の繰り返しで成功ビリーフを強化していくこと
成功哲学のコンテンツを読んだり、オーディオ学習したりすることでできますね。
頭と心に、成功ビリーフをインストールできるまでやり続けましょう。

移動中の時間、散歩、トイレの中、入浴中など、

人と会話しない時間には内的対話をしやすいですね。
その時間に、成功ビリーフに触れる機会を1回でも多く増やしましょう。

オーディオコンテンツを聞きながら、移動したり、散歩したり、

お風呂やトイレで聞いたり読んだりしたり

成功ビリーフを書いたカードや紙を壁に貼ったり、

持ち歩いたりすることも良いでしょう。

成功のための自分会議な内的対話を1回でも多く開催する度に、成功ビリーフが強化され、

強化されるにつれ、無意識にまでインストールされるでしょう。

成功ビリーフがインストールされたら、無意識的に成功に向けた内的対話が行われます。

成功ビリーフがインストールされたということは、

あなたの主要フィルターとなったと言い変える事もできますね。

ということは・・・

目の前の現実から、成功地図を描く人間になっ
たということです。

これで、成功することは当然ですね!

他にも、ニューロ言語プログラミングでは、

以下のような成功フィルターを手に入れることも可能です。
◆ビリーフチャンジ

◆個人履歴の書き換え

◆マッピングアクロス

◆リフレーミング

◆スライド・オブ・マウス

成功ビリーフが成功フィルターとなり、成功の地図が

描かれるのであれば、

地図が間違っていると、目的地にたどり着けないし、
地図の精度が悪るくても、目的地にたどり着くことは困難です。

地図が正しければ、目的地にたどり着くことは当然なのです。

成功地図を描く成功ビリーフを手に入れる為にニューロ言語プログラミングを

学んでみませんか?

The following two tabs change content below.
ラブライクシスター

ラブライクシスター

こんにちは。ラブライクシスターです。わたしたちは、おウチで収入になることをしたいなぁって主婦・子育てママを応援したい!という気持ちから集まった、女性アフィリエイターのグループです。 インターネット収入にご興味のあるママたち、ママ以外の女性の方たちにインターネット収入(アフィリエイト)に繋がる情報を配信つづけています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る