AIDMAの法則を上手に活用♪

4f51ff7edbfadda9ffac401ee3de13f2_s

こんにちは!
在宅アフィリで育児中のゲーマーママ!
しまです*^^*

よければ応援よろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

初心者アフィリエイターさんの最初の課題として
「記事がかけない」
「記事の書き方が分からない」
って多いですよね!

記事ネタが浮かばなくて書けない、という方は
情報を収集すればいいだけなので簡単です♪

参考 → 記事ネタが浮かばない時の秘策

ある商品を紹介する時に
「上手に紹介したい」
「成約率を上げたい」と思ったら
まず、消費者の心理を知りましょう^^

今回は消費者の購買プロセス
AIDMAの法則】についてまとめます。

AIDMAの法則とは?

AIDMA(アイドマ)の法則】とは、
上にも書いた通り消費者の購買プロセスのことです。

どういう順序でものを買うのかを
5段階に分け、その頭文字を取ったのが
AIDMAの法則です。
A (Attention) → 注意
I (Interest)  → 関心
D (Desire)   → 欲求
M (Memory)   → 記憶
A (Action)   → 行動
Aは認知段階
I、D、Mは感情段階
最後のAは行動段階
という風に分けられます。

AIDMAに似たものとして
AIDA(アイーダ)とかAISAS(アイサス)とかAIDCA(アイドカ)とか
色々ありますが、
どれも購買プロセスのことです^^

各段階について

では、AIDMAについて詳しく解説しますね♪

具体例を挙げましょう。

深夜の通販番組でめっちゃよく落ちる、
万能洗剤を紹介しています。

「あっ!こういう洗剤があるんだ~」(A → 認知)

「そういえば換気扇がすごい汚れてたな…」(I → 興味・関心)
自分に関係あるものとして興味をもちます。

「この洗剤があればあの汚れも落ちるかも!欲しい!」(D → 欲求)
自分に役立つ、問題を解決できる、と思えば
欲しい気持ちになります^^

「でも、ホントに買っていいのかな~?」
「後で後悔したら嫌だなぁ…」

欲しい段階になっても実際に購入する前に
理性のブレーキがかかります

そこで購入者の声を眺めます。

「何!?そんなに落ちるのか!」
「返金保障もついてるのか!」
「これは買っても安心♪」(M → 記憶)
ブレーキを外し、買う動機を与えます。

「早速電話だっ!」(A → 行動)

という感じですね♪

この例でも分かる通り、
人は感情でものを買っています。

段階にそって、その人の心をがしっと掴んじゃえば
ものは自然と売れていきます♪

段階にあった正しい作業を

ものを売るためには
相手がどの段階にいるかを知って
その段階に合ったアプローチをする必要があります。

まずはA、認知する段階

相手は商品そのものを知らない状態です。
知らないものは買えません。

まずは認知度アップです!
どんどん露出を増やしていきましょう^^

次にI、興味・関心の段階です。

相手は「知ってるけど興味ない」状態です。
自分には関係ねーやと思ってる人。

この段階にはまず興味を持ってもらわないといけません。

この段階での目標は、商品の評価を上げること。
「こんなにスゴイんです!」ってアピールですね^^
「たくさんの人が使ってます!」とか。

えっ何々?って思って貰えたら
次はD、欲求の段階

興味はあるけど、欲しくない。
買うほどじゃないな、って人。

この段階では、ほしいと思ってもらうために
いろんなメリットを提示します^^

その商品を使ったあとの
幸せな未来をイメージさせるといいですね♪

逆に、「このまま放置するとヤバイ…」って
危機感をあおるのも効果的です。

ここでガッチリ心を掴むと
相手は欲しくてしょうがなくなります( *´艸`)

そこで最後の一押し!
M、動機の段階です。

欲しいけど買うきっかけがない。
買っていいのか迷ってる。

人は安心して買いたいと思っていて
「買ってもいい」理由を探しています。

口コミで安心させてあげるとか、返金保障、
商品にデメリットがあれば
それを補うプレゼントも喜ばれます♪

たくさんの人が使ってるとか、
有名人が使ってる、
信用できる機関や第一人者の推薦がある
なんかも安心材料ですね^^

なるべくたくさんの安心材料を提示して
買いたい!気持ちにさせます。

最後にA、行動の段階

最後まで手を抜いてはいけません。

購入の手続きがめんどくさいとか、
カード決済しかできないとか、
店構えがなんだか入りづらい雰囲気とか

いざ買おうと思っても
買いづらいとか買えない理由があると
ものは売れません。

いざ買うときに障害になるものがあれば
先に全部潰します。

今回の記事では、
人気店が必ずやっているAIDMAの法則
活用についてまとめました。

実際の店舗でもネットでも、
ものでもサービスでも情報でも、
これを知っていれば
今やるべき行動が見えてきます^^

書いていて思いついたんですが、
「自分を売り込む」ときにも使えそうですね♪

成約率を上げたいときに
ぜひ活用してくださいね( *´艸`)

また、以前記事に書いた
OATHの法則」も参考になりますので
興味があればチェック!

☆ 在宅収入を目指す方 ☆

一日3分で成功に近づく
秘密のマニュアルを無料プレゼント!

→ 無料情報を受け取る!

各ツールやテンプレートも大盤振る舞いです( *´艸`)
お見逃しなく!

The following two tabs change content below.
しま

しま

海とゲームの好きな山形の主婦です。   田んぼに囲まれた田舎で夫と息子と3人で暮らしています。  「お金はあるけど時間がない・・・」「時間はあるけどお金がない・・・」 そんな生活をするうち両方が手に入ったら、と欲張るようになりました。   そしてネットビジネスの可能性を信じ、一歩踏み出す事を決意。 夢に向かって勉強中です。
しま

最新記事 by しま (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る