ニューロ言語プログラミングで絶対成功する方法!

stockfoto_15946735_M

絶対成功したい! 何か目標設定をして成功に向かうぞ!と言うときは必ず、強い気持ちを持っているものだと思います。

やがて強く意識することから意識から無意識、自然に当たり前にそう思い行動するようになる。

というのが成功習慣かなと思います。

でも最初から最後までずっと強く意識していたらどういったことが起こるでしょう?

ここで、将来起こりそうな変化や影響、リスクなどを確認してみましょう。

ちなみにこういった確認行動をニューロ言語プログラミングでは、エコロジーチェックとも言います。

強く願い続けるとどんな影響があるのかメリット、デメリットの両方を考えてみましょう。

これから何か始めるときは、モチベーションも高いですから絶対せいこうするぞ!と意識が強まっているはずですし、

だからこそ、強い意識は、ゴールへ向けて動き出す原動力になりますね。

ですが、強く意識しつづけていると実は、知らないうちに反対のことに焦点が当たる可能性も出てきますね。

どういうことかというと

「○○〇がしたい」「○○〇が欲しい」は、逆説的に言えば、

『今は、○○〇ができてない』という考え方もできてしまうので、

できてないことに焦点が、無意識的に、あたっているとも言えます。

焦点が当ったものを無意識は引き寄せると言われているので、成功とは逆のものを引き寄せてしまうかもしれません。

それは困りますよね。

なので、「今はできていない」ないけども「当然そうなる」「そうなって当たり前」「その気になれば、いつでも手にはいる」という感覚を持つといいでしょう。

冒頭で伝えたように

成功を目指す上で、最初は、強く意識して

やがて強く意識することから意識から無意識、自然に当たり前にそう思い行動するようになる。

成功のタイムラインをイメージして、どこかの地点で

『強く意識→自然・当然という習慣化』になるようにしておけばOKですね


ニューロ言語プログラミングでは、チェーンプロセスなど

これをワークとしてできるようにしてます。

練習で、誰でも身につけていくことができるんですね。

その目標、ゴールの達成が当然と感じる

それが自分の中でピッタリとくる。

ニューロ言語プログラミング的には、

アウトカムを軸にしたニューロロジカルレベル統一

という言い方になりますかね。

これらは、スマートの法則、T.O.T.Eモデルや

PDCAサイクルなどの考え方を学ぶことで可能となってきますね。

なんだか難しくなってきました。

簡単に行きましょう。

成功とは、小さな成功の連続とも言えますね。

大きな目標をチャンクダウン

すなわち細い塊に分解して、それを中間目標とします。

小さい目標を一つ一つこなせば、やがて大きな塊となって大目標が達成できるという考え方ができますね。

その中間目標をさらにチャンクダウンしますと一つ一つは、誰でもできるような行動となります。

こういった考え方で行動をしていく上でのチェック方法としてスマートの法則というものがあります。

※スマートの法則とは

具体的、わかりやすいこと ⇒ Specific

計測可能、数字になっていること ⇒ Measurable

同意して、達成可能なこと ⇒ Agreed upon

現実的でアウトカム志向であること ⇒ Realistic

期限が明確に決められること ⇒ Timely

それぞれの頭文字をとってSMARTの法則と言います。

目標設定のためのモデルとして、アメリカの経営コンサルタントとして有名なブライアン・トレーシーが提唱したと言われています。

具体的で、わかりやすくて、現実的で、期限が明確に設定できて、達成が計測可能で数値化できるもの。

確実にできるものだから小目標ですね。

そしてそれは、大きな目標=大成功へとつながります。

どうです。このプロセスなら、大成功も間違いなしだと感じてきませんか?

これなら「できるわ!」とコミットして、始められそうですね。

自分の夢の達成に向けて、情熱と強い願望をもって、コミットしましょう。

そうすれば、良いスタートが切れます。

そして、

毎日、毎日、1日め、2日、3日めと
それが、1週間、2週間、3週間と行動が続けます。

毎日の小さな習慣が、数ヶ月、1年と

中間目標→大目標とチャンクアップします。

習慣化されればやらないほうが気持ち悪くなるでしょう。

さすれば、成功の好循環が回りだすでしょう。

それにはスタート時に 強いコミットとやるぞ!という勢いが必要です。

冒頭のお話に繋がりましたね。

一度動き出したらスタート時ほど、エネルギーはいりません。慣性の法則が働いて、グングン進んでいく勢いが作れますから。

「継続は、力なり」ですね。

小さな目標なら

達成可能で測定可能なので、成功のイメージが自分でもつきやすいですね。

その連続で大きな目標がやがて達成できるんだなと

タイムラインをイメージできたら

もう今すぐにでも行動へ移りたいですね。

その時、行動は、快楽に関連付けて、
反対にしないことは、痛みに関連付けるといいですよ。

成功行動の習慣化に役立ちます。

小さな目標達成の連続は、自信の積み重ねができ確信になるでしょう。

そう感じることができたらもう大成功は、当たり前ですね!

誰でも成功できます。

こんな考えかたもできます。

成功している人がいるのだから成功できるやり方があるだけ。

だったらやり方がわかって、実行可能にすれば、誰でも同じように

成功できる!

この考え方は、ニューロ言語プログラミングの前提であり

モデリングの考え方です。

まとめますと、

今は大きな目標に感じるようなことも

中くらいの目標に分解して、さらに小さな目標に分解したら

誰でも達成可能な行動の連続になるし、

その小さな目標の塊が、中くらいの目標であり

その塊が大成功となります。

これをニューロ言語プログラミング的に言えば、

『小さなチャンクのアウトカムは、大きなアウトカム達成のリソースです。』

となるでしょうね。

物理的限界、身体的限界を超えるようなものは、無理かもしれませんが、

お金持ちになって成功するぐらいは、成功している人がたくさんいるんだから

大丈夫ですよ。

ニューロ言語プログラミングを学べば、

容易く可能になるというか自信や確信を持つことができますね。

成功の感覚を手に入れるためにニューロ言語プログラミング。

一緒に学びたいですね。

The following two tabs change content below.
ラブライクシスター

ラブライクシスター

こんにちは。ラブライクシスターです。わたしたちは、おウチで収入になることをしたいなぁって主婦・子育てママを応援したい!という気持ちから集まった、女性アフィリエイターのグループです。 インターネット収入にご興味のあるママたち、ママ以外の女性の方たちにインターネット収入(アフィリエイト)に繋がる情報を配信つづけています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る