【週末カクテル講座】面白い飲み方のカクテル

1dd2e2a1f7dc77b1103f6610368bd157_s

こんにちは!
在宅アフィリで育児中のゲーマーママ!しまです(*^^*)

よければ応援よろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

大好評の【週末カクテル講座】です(*^^*)

カクテルはキレイに完成されていて、あとは飲むだけ
というイメージの方も多いのではないでしょうか?
見た目を楽しみ、味を楽しむ(*^^*)
でも、それだけでなく
ちょっと変わった面白い飲み方をするカクテルもあります(^^♪
飲む瞬間も楽しめるのは何だかワクワクですよね♪

バーに行くと、最後の仕上げをお客さんの前でやってくれたり
エンターテイメント性もあって楽しいお店がたくさんあります(*^^*)
カクテルそのものの味だけでなくワクワク楽しいひととき。
プロにしか作れないと思っていませんか?

ホームカクテルでも、楽しい飲み方のカクテルは作れます(^^♪
ホームパーティでは注目を集めること間違いなし!
普通はつまらない!
一味違ったことをしてみたい!
という方には特におススメです♪
ぜひ覚えてチャレンジしてみてくださいね(*^^*)

凍ったカクテル

カクテルには様々なスタイルがありますが、
凍ったカクテルがあるのはご存知ですか?(*^^*)

フローズンスタイル」といい、
かき氷のように食べるカクテルです♪
カクテルは飲むもの、という固定観念を
見事に覆す面白いカクテルですよね!

フローズンスタイルのカクテルを作るには
「ブレンダー」という特別な道具が必要です。
ミキサーを少し大きくしたような感じで
パワフルな刃で氷を砕きます。

ブレンダーを用意しようと思うとちょっと高価なので
家庭用のミキサーでも代用可能ですよ♪

フローズンカクテルについては
ご要望があればまた別の記事でレシピを紹介したいと思います(*^^*)
ぜひコメントで教えてくださいね♪

火をつける

最後の仕上げに火をつけるカクテルもあります。
アルコールを利用した面白い飲み方ですね♪
中でも「アブサン」は有名でご存じの方も多いかもしれません(^^♪

アブサンをかけた角砂糖に火をつけ
火が消えたらそのままグラスに落とす、という飲み方ですね。

アブサンは女性が飲むには少し癖が強いかもしれませんが
アイリッシュ・バックファイヤー」など
アブサン以外にも火をつけるカクテルは結構あります(^^♪
興味があればぜひチャレンジしてみてください☆
火を使うので火事と火傷に注意です!

叩きつけてワイルドに♪

最後に「ショットガン」の紹介です☆
材料はテキーラとジンジャーエール。

ショットグラスという小さなグラスに材料を注いだら
手でふたをしてガンっ!とテーブルに叩きつけましょう♪

シュワシュワっと泡立つので
一気に飲み干すのがポイントです(*^^*)
テキーラがマイルドになって飲みやすいですよ♪

お友達の前でやってみると注目を集めること間違いなしです!
ぜひ試してみてくださいね(*^^*)

おススメ書籍

カクテルについてもっと詳しく知りたい!と思ったら
こちらの本がおススメです♪
私自身も、何年も大事に読んでいる教科書です(*^^*)
分かりやすく、とっても参考になるので
ぜひチェックしてみてくださいね♪

The following two tabs change content below.
しま

しま

海とゲームの好きな山形の主婦です。   田んぼに囲まれた田舎で夫と息子と3人で暮らしています。  「お金はあるけど時間がない・・・」「時間はあるけどお金がない・・・」 そんな生活をするうち両方が手に入ったら、と欲張るようになりました。   そしてネットビジネスの可能性を信じ、一歩踏み出す事を決意。 夢に向かって勉強中です。

関連記事

コメント

  1. カクテルって強いイメージがありましたが、ビールなどよりも悪酔いしないので、私はいつもお酒というとカクテルを注文します。とはいっても、飲みに行くこともあまりないので、詳しくはありません。
    自分でカクテルを作るなんておしゃれですね。
    フローズンカクテルは、これからの季節にぴったりですね!ぜひレシピを伝授して下さい。
    楽しい情報ありがとうございました。

    • しま
      • しま
      • 2016年 7月 03日

      baskinさん、コメントありがとうございます*^^*
      カクテルって飲みやすいからついつい飲みすぎちゃうんですけど
      結構強いんですよね 汗
      21歳のときに人生初のバーに行き、カクテル作りの魅力にハマりました*^^*
      フローズンカクテル、ぜひ今度記事にしますね♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る