ネットでお金稼げるの!? 第四話

3fafeb3840ad758939ecfccaccd9fae1_s

こんにちは!
在宅アフィリで育児中のゲーマーママ!しまです^^

よければ応援お願いします!
人気ブログランキングへ
息子はお誕生日にもらったおもちゃに夢中です♪
大きくなったなぁ~と思う反面、
まだまだ赤ちゃんだなーとも思います^^
いつか息子にゲームを作ってあげる日を
楽しみにしています♪

さて、前回は「ネットでお金稼げるの!?」第三話を
ご覧頂き、ありがとうございます!

幸せな社会人ライフが突如暗転。
病気を抱えながらも仕事に絶え続け、
体に鞭打って出社する毎日…。
ある日言い渡されたドクターストップで
私の生活、どうなる!?

ネットでお金稼げるの!?」第四話、どうぞ♪

過去の記事はこちらから
→ ネットでお金稼げるの!? 第一話
→ ネットでお金稼げるの!? 第二話
→ ネットでお金稼げるの1? 第三話

第四話 寄生虫?

さて、辛いながらも毎日頑張って出社していた私でしたが、
ある日言われた「もう働けないですよ」の一言。

お医者さんに言われたんだから堂々と休める!と
嬉しい反面、やっぱり「これからの生活どうしよう…
という思いもありました。
上司に言ったらどうなるだろう…と怖い気持ちもありました。

ちなみにパワハラ上司とはプロジェクトは離れたものの
席が近かったので軽い精神攻撃は続いていました。

そして一週間後…
なにかがぷつんと切れたように
もう無理だ!限界!耐えられない!!会社なんてどうだっていい!!
と思い、出社してすぐに上司のデスクへ向かい
「うつ病になったので休職させてください!!」と言いました^^;

会議室に来るように言われたので
どうしよう…何言われるんだろう…とビクビクでしたが、
今の状況を気遣って頂き、体のことも心配して頂き、
※パワハラ上司のさらに上の上司です
月に一回近況をメールで報告するように指示され
次の日から休職できることになりました。
その日は仕事をせず、そのまま早退させて頂けました。

離れてくらす両親もいましたが、
休職のことは誰にも相談せず、私一人で決めたことでした。
「言っちゃった!どうしよう!」って気持ちもありましたが、
それ以上にすごくホッとしたことを覚えています。

荷が降りる、という言葉そのもので、
まるで今まで30kgくらいの荷物を背負ってたかのように
体が軽くなり、その日は珍しくスッキリ眠れました。

しかし、休職宣言したところで重度のうつ病が完全回復するはずもなく、
その後も鬱々とした毎日を過ごします。

休職期間中も給料は出るのですが基本給の7割か8割くらい。
生活費や治療費、さらには実家への仕送りも
今までよりも少ない額でやりくりすることを考えたら
「生活どうしよう…」と思わないこともありません。

ですがそれよりも、
もう二度と仕事なんかしたくない…
誰にも会いたくない…
何にも楽しくないし、何もしたくない…
ごはん食べるのもめんどくさい…
このまま孤独死したって別にどうでもいい…
という気持ちが強く、何も考えたくない状態でした。

精神的にも経済的にも余裕のなくなった私は
当時ヒモ状態だった彼氏と別れる決意をしました。
後になってからいい判断だったと気づくのですが、
そのときの私は
「私に甲斐性がないばっかりに…」
なんてことを考えていました^^;

両親には仕事のこと、病気のこと、休職したことを全て話し、
療養に専念するため山形の実家へと帰ることになりました。

弟は理解してくれましたが、両親からは
働け!バイトしろ!」と言われていました。
今考えると「仕事できない状態だから休職したのに何言ってんだ?」
って感じですよね 笑
当時の私は「こんな歳になってまで親のスネかじりなんて…」と
情けない気持ちでいっぱいでした。

仕事もできず、ずっと家にいて親の給料でごはんを食べる生活は
まるで自分が親に寄生する寄生虫のように感じました。

生活費稼ぎたい」という思いと「誰にも会いたくない」という思いが
交錯し、しばらくは現状に悩んでいました。
そんなある日、ふと親戚が内職をしていたことを思い出します。

内職ってたしか家でできるよね?
連絡のやりとりをメールにできれば私にもできるかも…
人と関わらずに仕事できるかも…

そんな気持ちで内職を扱うサイトを検索してみたりしました。
しかし、内職はどれも単価がものすごく低く、
これで生活費を稼ぐのは到底無理だと感じました。

やっぱり家にいながら稼ぐなんて無理か…
働かなきゃダメか…と思うと私の心はさらに重く沈んでいきました。

そして2ヵ月後…
相変わらず鬱々と過ごす私でしたが、友達からもらった1本のメールで
その後の生活が変わりだします。

次回予告

第四話を最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

実家に戻り療養に専念しようとするも、
親に養われている状態が嫌で悶々とする日々。
1本のメールが起こす奇跡とは?
次回は、第五話「アメとムチの救世主」です!
お楽しみに☆

最後に

在宅収入は色々な理由で外で働けない人の助けになります。
病気や怪我で働けない状態になっても不安は少なくなります。
興味のある方はぜひ私のFaceBookにご連絡くださいね♪

→ アカウントはこちら

在宅収入を目指す人のための無料のメルマガもあります。
いつでも解除できるのでぜひ見てみてください♪

→ 無料のメルマガに登録!

The following two tabs change content below.
しま

しま

海とゲームの好きな山形の主婦です。   田んぼに囲まれた田舎で夫と息子と3人で暮らしています。  「お金はあるけど時間がない・・・」「時間はあるけどお金がない・・・」 そんな生活をするうち両方が手に入ったら、と欲張るようになりました。   そしてネットビジネスの可能性を信じ、一歩踏み出す事を決意。 夢に向かって勉強中です。
しま

最新記事 by しま (全て見る)

関連記事

コメント

  1. はじめまして。takereorinaというハンドルネームの山口県在住の男性です。SK★さんのブログのコメント欄から、このサイトを発見しました。貴記事 面白いですね。(面白いと言っては、失礼なのでしょうね。”しま”さんは本当に一生懸命、生きてきたと思います。気分を害したのなら、お詫びします。)今、”しま”さんは、いい家族に囲まれて、”しま”さん自身は、家族にとっては、欠けがいのない存在だと想像します。それでは、また。

    • しま
      • しま
      • 2015年 8月 11日

      takereorinaさん、訪問&コメントありがとうございます!

      わざわざ辿って訪問してくださり、ありがとうございます!
      一生懸命生きていた自覚はなく、自分の中ではいっぱいいっぱい…必死という感じでした^^;
      面白いと言って頂けるのはとても嬉しいです^^

      このシリーズはまだまだ更新中なので、よければその後の話もぜひ続けて読んでみてくださいね♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る